筆跡鑑定の種類

相藝会 > 筆跡鑑定研究所 > 筆跡鑑定の種類

筆跡鑑定の種類

当研究所ではお客様のご依頼に応じ次の項目での筆跡鑑定を行っています。

(面談・電話) 鑑定相談

(文書作成)  下見書、鑑定所見書、簡易鑑定書、鑑定書、反論書、意見書  等

筆跡鑑定の料金と内容

筆跡鑑定は鑑定資料の内容によって変わることがありますが、標準料金は以下になります。 (表示の標準金額に別途消費税が加算されます。)

1.面談鑑定相談(30分~1時間:¥15,000)

鑑定対象資料及びそれと対照する資料をご持参いただき、必要に応じて拡大コピー等をした上で予想鑑定結果及びその理由をご説明します。
またご要望により鑑定書、反論書等作成のご相談、料金の見積り等をさせて頂きます。 遠方の方等でご来所が困難な場合には資料をお送りいただいての下見鑑定もあります。
まずはお電話(無料)にてお気軽にご相談下さい。

2.下見書(¥15,000)

ご依頼の鑑定事項につき、鑑定予想結果を文書として作成します。
ご要望により鑑定書等作成の場合の見積りも付記します。
鑑定期間:即日~3日間

3.鑑定所見書(¥45,000)

鑑定対象資料と鑑定対照資料中の要点を対照比較して、予想される鑑定結果を記載します。 当研究所としての正式な見解文書です。
鑑定期間:3日間~1週間

4.簡易鑑定書(¥100,000~¥160,000)

真偽をめぐって法的に争うためではなく、正しい結論を知りその理由の理解を目的とする鑑定書となります。
鑑定期間:1週間~2週間

5.筆跡鑑定書(¥200,000~¥320,000)

鑑定対象資料と鑑定対照資料を綿密に対照比較し、両者の異同を科学的に分析、分かりやすく理論的に異同の結論を出します。
裁判所への提出の場合も念頭において形式・内容ともに万全を期して作成します。
資料の内容により、料金・鑑定期間に幅がありますが事前にお見積りいたします。
鑑定期間:2週間~3週間

6.反論書・意見書(¥200,000~¥320,000)

既に提出されている他の鑑定人による鑑定書があってその結論に疑義がある場合、まず鑑定相談をお受けします。
先方の鑑定書内容を精査した上で反論書・意見書等の作成を検討することとなります。
精査見積り料金は鑑定相談料あるいは下見鑑定書料と同じですが、正式に反論書・意見書等のご依頼につながった場合にはお払い済みの金額は値引きすることになります。
遠方にお住まいの方は当該鑑定書を当研究所までお送り下さい。
鑑定期間:2週間~1ヶ月

 

 

 

筆跡鑑定研究所 | 鑑定の対象 | 鑑定の種類 | 個人の方へ | 法人の方へ | ご依頼の流れ | FAQ | 研究所概要 | お問合せ