筆跡鑑定研究所の概要

相藝会 > 筆跡鑑定研究所 > 研究所の概要

筆跡鑑定研究所の概要

研究所 所長
森岡 恒舟


大きな地図で見る

研究員
斎藤 游歩
芳田 マサヒロ

所在地
〒113-0034
東京都文京区湯島3-8-9 マツモトビル3F
kantei_info@sogeikai.com
電話:03-3837-7531
FAX:03-3837-7621

筆跡鑑定研究所 所長略歴

所長 森岡恒舟

森岡恒舟(こうしゅう)先生

昭和8年生 本名 森岡博史 香川県出身
昭和34年 東京大学文学部心理学科卒業(卒論の内容は、形態分析)
主として人事・労務管理畑を経験の後、昭和50年書道学院設立。
昭和55年ごろより筆跡学研究に没頭。
昭和57年 相藝会 書道教育学院を設立
昭和58年 光文社より「筆相判断」出版
以後、角川書店より「筆跡が運命を変える」、致知出版社より「社長の筆相学」、ミオシン出版より「グラフォログの秘密」出版。
昭和59年 書道教育月刊誌「相藝」発行、現在に至る。
昭和60年 警視庁嘱託筆跡鑑定人となる。
平成4年 筆跡診断士育成の仕事にかかる。
平成6年 日本筆跡診断士協会設立
平成8年 日本初の筆跡診断士誕生(女性含)以降続々と筆跡診断士が誕生し、活動を始める。
平成11年 旬報社より「ホントの性格が筆跡でわかる」出版
  〃    協会本部を現所在地 文京区湯島に移転
  〃    相藝会筆跡鑑定研究所 発足
平成12年 日本筆跡診断士協会会報「筆跡」創刊
平成15年 日本筆跡診断士協会 商標登録 第4721254号
平成23年 相藝会より「第三の発見 筆跡の科学」出版
  〃      〃   「筆跡診断 基礎篇」出版

平成23年12月末日までの正式鑑定書作成実績394件、その他鑑定所見書・反論書・意見書等多数

現在の職務
日本筆跡診断士協会 会長
相藝会 筆跡鑑定研究所 所長
相藝会 書道教育学院 学院長

 

筆跡鑑定人の養成

最高裁判所から出された文書に、
「鑑定書は、鑑定結果をまとめて裁判所に報告する書面です。鑑定事項ごとに、結論と結論を導き出すに至った理由を簡潔に記載してください。」
とあります。

 ここで大切なのは「結論を導き出すに至った理由」という項です。

 裁判では鑑定書の結論が正しいか間違っているか往々にして争われますが、その争点は「結論を導き出すに至った理由」が科学的に妥当か否かということです。

 相藝会筆跡鑑定研究所では、筆跡を精密に検証し、科学的な鑑定結果を導き出すことのできる、次代の筆跡鑑定人を輩出すべく、筆跡鑑定の講座を設け、研究生達の訓練に力を入れています。

■筆跡鑑定人養成講座 開催案内はこちら。参加希望者はお問い合わせください。

→ご質問・ご連絡フォームはこちら

 

筆跡鑑定研究所 | 鑑定の対象 | 鑑定の種類 | 個人の方へ | 法人の方へ | ご依頼の流れ | FAQ | 研究所概要 | お問合せ