日本筆跡診断士協会

森岡恒舟

森岡恒舟

昭和8年生 本名 森岡博史 香川県出身
昭和34年 東京大学文学部心理学科卒業(卒論の内容は、形態分析)
主として人事・労務管理畑を経験の後、昭和50年書道学院設立。
昭和55年ごろより筆跡学研究に没頭。
昭和57年 相藝会 書道教育学院を設立
昭和58年 光文社より「筆相判断」出版
以後、角川書店より「筆跡が運命を変える」、致知出版社より「社長の筆相学」、ミオシン出版より「グラフォログの秘密」出版。
昭和59年 書道教育月刊誌「相藝」発行、現在に至る。
昭和60年 警視庁嘱託筆跡鑑定人となる。
平成4年 筆跡診断士育成の仕事にかかる。
平成6年 日本グラフォログ協会(現在の日本筆跡診断士協会)設立
平成11年 旬報社より「ホントの性格が筆跡でわかる」出版
平成12年 日本筆跡診断士協会会報「筆跡」創刊
平成19年8月までの正式鑑定書作成実績300件余り
その他鑑定所見書・反論書・意見書等多数

現在の職務

相藝会 書道教育学院学院長
日本筆跡診断士協会会長
相藝会 筆跡鑑定研究所所長



▲ページ先頭へ